ひとり言

 

 成年後見制度における、「後見人倫理」を考察するヒントが、「イギリス2005年意思能力法・行動指針」2007年10月1日施行)にありましたので、抜粋して、ご紹介します。

 

(諸原則)

第1条

1.能力を欠くと確定されない限り、人は能力を有すると推定されなければならない。

2.本人の意思決定を助ける、あらゆる実行可能な方法が功を奏さなかったのでなければ、人は意思決定ができないとがみなされてはならない。

3.人は単に賢明でない判断をするという理由のみによって、意思決定ができないとみなされてはならない。

4.能力を欠く人のために、あるいはその人に代わって、本法の下でなされる行為、又は意思決定は、本人の最善の利益のために行わなければならない。

5.当該行為又は当該意思決定が行われる前に、その目的が、本人の権利及び行動の自由に対して、より一層制約の小さい方法で達せられないかを考慮すべきである。

 

(イギリス2005年意思能力法・行動指針 民事法研究会発行 新井誠 監訳 紺野包子 翻訳より抜粋)

 

 

 行政書士が作成することができる書類の作成についての相談(以下、相談業務という)の報酬に対する見解

 

P1010092.JPG縮小(2).jpg皆様の中には、行政書士に相談をもちかけた段階から、直ちに相談料が発生するとお考えの方はいらっしゃいませんか?

もちろん、相談業務は法律で認められた行政書士の正当な業務ですから、原則としては有償です。

しかし、皆様のご相談内容が分からないうちから有償となるようなことはありません。

そこで、どこまで無償で、どこから有償となるかということが問題となります。

事案が千差万別で、一概には言い表せないのですが、当事務所では、次のように考えております。

 

皆様のご相談内容をお聴きし、当方がそれを達成するための一般的な法律上の要件等をご説明する段階までは、無償です

そして、その要件等に基づいて、個別具体的に目的を達成するための方法を検討する段階では、有償となります

 

したがって、初回のご相談では無償となることがほとんどです。

しかし、これでもまだわかりにくいところがありますので、、皆様とのご相談を進める中で「ここからは有償となりますが如何しますか?」とお伺いを立てるようにしています。

ちなみに当事務所のご相談料は、事案により異なりますが、3000〜5000円/時間です。

時間あたりの価格に差があるのは、ご回答するのに当方として若干の調査を要するかどうかによります。

しかし、本格的な調査が必要な場合には別途調査料をいただくことになりますが、その時も、事前にお伺いをいたします。

 

どうぞ、お気軽にご相談ください!

 

 

  

 

ごあいさつ

修正(834)-4.jpgこのたびは、ホームぺージにお越しくださいましてありがとうございます。

私は、成年後見人になりたくて行政書士となりました。 

二男が障がい者で、近い将来「成年後見制度」を利用すべき背景があるからです。

法的には一応整備された状況にはありますが、本人の個性や状態により細かい部分で、その利用の方法を模索する必要があると考えております。

同じ境遇にある皆様方と悩みを共有して、取り組んでいきたいと思っております。

一方で、地域に密着して遺言・遺産相続などの身近な問題や農地転用許可申請などについて皆様の良き相談相手として、ご利用いただければ幸いです。

お気軽にご相談ください。

 

一般社団法人 コスモス成年後見サポートセンター  会員

相模原市新戸「寿会」  会員

成年後見制度について

成年後見について、法定後見制度と任意後見制度に分けて、その制度や役割、 成年後見人等の職務内容について詳細を記しておりますので、ご参考になさって下さい。

当事務所は、審判の申し立てから登記の手続きに至るまで、皆様と悩みを共有し、被後見人(以下、本人といいます。)が安全に安心して生活できる環境を確保するためのお手伝いをいたします。 

法律の範囲内で、本人に最も適した体制及び生活環を模索いたします。

 

                        詳細はこちら → 

               

◆ 成年後見制度について      詳細はこちら →

◆ 成年後見制度とは         詳細はこちら →       

◆ 法定後見制度とは         詳細はこちら →

・ 後見とは

・ 保佐とは

・ 補助とは

・ 法定後見の手続き

・ 法定後見人等の職務

・ 法定後見の費用

◆ 任意後見制度とは         詳細はこちら  → 

・ 任意後見契約の内容

・ 任意後見の手続き

・ 任意後見人の職務

・ 任意後見人の費用 

◆ 成年後見登記制度         詳細はこちら → 

 

相模原市内は、無料で出張いたします。

                                        

遺言・遺産相続

遺言・遺産相続のお悩み事はありませんか?

手続きをしたくても時間がない、何から始めればよいか分らない、そんなお悩みをお持ちの方は、相模原市の相続・遺言相談人の関矢行政書士事務所へお気軽にご相談ください。

地域に密着し、最適な手続きをご案内します。

 

                                             詳細はこちら →

 

◆ 法定相続              詳細はこちら →

・ 相続人とは    

・ 法定相続人の資格と順位     

・ 法定相続分     

縮小 .jpg・ 相続欠格と廃除

・ 相続財産とは

・ 相続方法の選択

・ 遺産の分割

・ 相続分の譲渡

・ 債務の相続

・ 遺産の管理

・ 相続税について

・ 相続の手続きと期限

・ 相続回復請求権

・ 相続人の不存在

 

◆ 遺言と遺留分           詳細はこちら →

・ 遺言について

・ 遺言の方式

・ 遺言の効力

・ 遺言書の検認

・ 遺言の執行

・ 遺言の撤回

・ 遺留分

 

相模原市内は無料で出張いたします。

      

                       

高圧ガス製造等許可申請・届出

大学卒業後、一貫して、工業用特殊ガス(半導体用材料ガス、標準ガス等)のガス分析、品質管理、技術研究に従事し、40年以上の実務経験があります。

高圧ガスに関する技術的なご相談や高圧ガス保安法に基づく許可申請・届出についてお手伝いをいたします。

 

「申請・届出様式一覧」につきましてはこちら →  

 

相模原市内は無料で出張いたします。

建設業許可申請

  R3305808縮小.jpg

 

建設業許可を受けると、こんなメリットがあります。

1、大きな仕事が請負います

1件当たりの請負い金額が500万円(建築一式は1,500万円)以上の工事が受注できます。

無許可で工事を請け負えば罰せられ、その後しばらくは建設業許可を取得できなくなってしまいます。

あらかじめ許可さえ取っておけばどんな仕事でも請け負えます。

仕事の幅が広がり、仕事の受注も増加するでしょう。 

2、信用度がアップします

社会的信用があるだけでなく、銀行などの融資条件とされる場合も多いため、融資が受けやすくなる可能性があります。 

3、請負の条件となっている場合もある

大手の元受が仕事を出す場合、許可を前提として下請工事業者を選んでいると言われています。      

許可のない業者よりも仕事が請負いやすくなるのは間違いないと思います。

4、公共工事を受注するための第一歩が踏み出せる

公共工事の入札には経営事項審査を受ける必要がありますが、経営事項審査は許可を取得していないと受けることができません。

   

詳細はこちら→

・ 建設業許可の種類

・ 建設業許可が必要な場合

・ 建設業許可の申請区分

・ 建設業許可の5つの要件

 提出書類と提出先 

・ 建設許可取得後に必要な事項

 

 

建設業許可のご依頼・ご相談は       受付時間; 9:00〜17:00

お電話でお気軽に!        ⇒   TEL 046-259-5675  

 

相模原市内は無料で出張いたします。                    

農地転用許可申請

農地転用許可申請・届出の申請代行をいたします

 

P1010026縮小.jpg農地転用とは、わかりやすく言えば、農地(耕作を目的とする土地)を農地でないものにするということです(第3条は権利移動)。

例えば、農地をを駐車場や資材置き場などのように農地でない状態にする行為は、農地転用となります。

また一時的に資材置き場や作業員事務所にする場合も農地転用となります。

農地転用許可を受けない行為は無効であり、農地法違反として工事の中止や元の農地に復元(原状回復)させるなどの命令が下り、これに従わない場合には罰則が科せられます。

農地転用をする場合は、必ず、許可申請又は届出をしましょう。

 

☆ 当事業所がおこなう農地法関連の申請・届出

・ 農地法第3条許可申請

・ 農地法第4条許可申請

・ 農地法第5条許可申請

・ 農地法第5条農地転用届書(市街化区域内)

・ 農地振興地域整備計画変更申請(農振除外、編入、用途区分変更等)

・ 農地法第18条許可申請・届出

・ 都市計画法第29条開発行為許可申請

・ 都市計画法第34条開発行為許可申請

・ 都市計画法第4条12項農地転用に係る開発行為に該当しない旨の証明願申請

                                                   等

 

詳細はこちら →

 

・ 農地転用制度の目的

・ 許可の種類

・ 対象となる農地

・ 許可権者

・ 許可を要しない場合

・ 農地区分と許可基準(立地基準と一般基準)

・ 農地転用許可の手続きと標準処理期間

・ 許可・届出に必要な書類 

 

相模原市内は、無料で出張いたします。

 

 

 

その他

◆ 車庫証明申請代行業務

お時間のない方や自動車保管場所から遠方(特に神奈川県外)の方々のために、車庫証明申請代行業務を承ります。

 

詳細はこちら →

 

◆ パスポート申請代行業務

お時間のない方や初めてパスポートを取得なさる方々のために、パスポート申請代行業務を承ります。

 

詳細はこちら →

 

   

相模原市内は、無料で出張いたします。 

お問合せ・ご相談はこちら

R3305799 縮小.jpg成年後見制度や遺産相続などについて、わからない点やご相談などございましたら、お電話もしくはお問合せフォームからお気軽にご連絡ください。

 

・ 成年後見人はどんな人がなるの?

・  認知症になってしまう前に老後のことを決めておきたいんだけど?

・ 子供や孫に財産を贈与したいんだけど?

・ 妻だけに財産を残したいんだけど?

 

このようなお悩み相談でも結構です。

あなたさまからのお問合せをお待ちしております。

 

▼▼お電話でのお問合せ・ご相談はこちら▼▼
TEL : 046-259-5675
受付時間 : 9:00〜17:00(土日祝祭日は除く)
担当 :関矢

 

お問合せフォームはこちらへ

 

お役立ち情報

 ipo5-H0縮小.jpg◆ 行政書士の業務

 

残念ながら、行政書士の具体的な業務内容は、世間一般の方々にはあまり知られていないのが現状のようです。皆様のごく身近な結婚、離婚、遺産相続から法人・会社設立、建設業許可や、国際業務としての出入国関係に至るまでほとんどの行政手続きがその対象となるのですが、それが行政書士の業務と関連づけて理解されていないのが原因であると思われます。

ここに、神奈川県行政書士会のホームページに掲載されている行政書士の代表的な業務をご紹介しますのでご参考になさってください。

一般に日本の行政制度やサービスには有益なものがたくさんあるのですが、ほとんどが申告制であるために、知らないで利用されていないものが多いように思われます。

とにかく、皆様の日常生活の中で、困ったことがあったら何でも行政書士にお気軽にご相談ください!

きっと、ご満足のいく解決方法をご紹介できると思います。

 

    詳細はこちら →

 

◆ 成年後見制度の申立て・登記に必要な主な書類

 

ここでは、成年後見制度の申立・登記に必要な主な書類をご紹介しています。

 

・ 法定後見開始申し立てに必要な書類

・ 任意後見制度に必要な書類

・ 成年後見登記に必要な書類

 

    詳細はこちら →

 

◆ 相続手続き・申告、遺言に必要となる主な書類

 

ここでは、相続手続き・申告、遺言に必要となる主な書類をご紹介しています。

 

・ 被相続人に関する書類

・ 相続人に関する書類

・ 相続財産・債務に関する書類

・ 相続放棄に必要な書類

・ 限定承認に必要な書類

・ 相続排除の手続き

・ 遺言書の検認の申立に必要な書類

・ 公正証書遺言の作成に必要な書類

 

    詳細はこちら →

 

◆ 成年後見制度と信託制度IP05_H17縮小.jpg 

 

成年後見制度における後見事務は、被後見人等の財産管理と身上監護(法律行為のみ)ですが、その財産管理を補完したり、あるいは成年後見制度では対応できない部分を補うための「財産管理」の仕組みとして、信託制度の活用が注目されています。

例えば、成年後見制度は判断能力が不十分な方でなければ利用できませんので、判断能力のある重度の身体障がい者や浪費者にとっては、その財産を管理するうえで、信託を利用することが必要になる場合があります。

また、任意後見制度においては、実務上、任意後見契約だけでなく見守り契約・任意代理契約も併せて行うことがありますが、任意後見契約は家庭裁判所の監督下にあるとしても、見守り契約・任意代理契約は監督者がいませんので、信託の利用が必要となることがあります。

さらに、成年後見制度と信託制度を併用することにより、後見人等の恣意的な財産管理を抑制することもできます。

信託には、営利を目的とする商事信託と非営利の民事信託とがありますが、本稿では、商事信託として「特定贈与信託」「後見制度支援信託」を、民事信託として「福祉型家族信託」をご紹介します。

 

当事務所では、皆様方のご事情に合わせて、いろいろなスキームをご紹介できますので、ご相談ください。

 

 

具体的な内容はこちら →

 

 

 

 

 

 

 

 

▲このページのトップに戻る